〒370-3602 群馬県北群馬郡吉岡町大久保112-2

診療時間
9:00~12:25 × ×
13:30~17:30 × ×

休診日:木曜・日曜・祝日

ご予約・お問い合わせはこちらへ

0279-55-1181

いつも見ているから気づかない?

お口の働きの基本ですが、食べ物をお口に入れる時と、声を出す時以外は上下のくちびるは閉じていなくてはなりません。日中はもちろん、寝ている時も同様です。

これは年齢にかかわらず、赤ちゃんの頃から大人に至るまで共通の原則です。

もし、くちびるがいつもカサカサしていたり、くちびるの厚みが気になったり、よだれが多い、口角炎になりやすいなどに気づいたら、お口ポカンを疑ってください。

 

 

以下の内容もご覧ください

お子さまの将来まで考えた矯正治療が当院の特徴。親御さまと一緒にお子さまのお口の健康をサポートしていきます。

当院で行っている、痛みや歯を抜くといった負担の少ないバイオブロック矯正について詳しくご説明します。

丁寧なカウンセリングと精密な検査を行い、お口の環境を改善するための細やかなサポートを心がけています。

お子さまと親御さまが安心して治療を受けていただけるよう、落ち着いた雰囲気と充実した設備を整えております。

治療に際してのよくある疑問やご不安な点にお答えいたします。ほかにも気になることがあれば、お気軽にお問い合せください。

お口ポカンが健康にとってよくない理由

お口ポカンとは、口呼吸になっている状態を言います。

口呼吸によって生ずる症状には次のようなことが挙げられます。

<お口の周囲について>

・くちびるの形が整わない

・いびきをかく

・虫歯・歯周病にかかりやすい

・舌の位置が下がることにより、歯並び、噛み合わせが悪くなる

・口臭が出る

・噛む回数が減る。噛む力が落ちる。

<全身について>

・喉の周りのリンパ組織が腫れやすい(アデノイドなど)

・呼吸器疾患になりやすい(気管支炎、肺炎、喘息など)

・酸素取り込み量が低下するため、疲れやすい

・脳の冷却機構が低下する

・気道を確保するため姿勢が前傾しやすい